【結果】『第14回ウィルソンカップ in しまばら』の結果について

平成29年9月23日(土)・24日(日)

『第14回ウィルソンカップ in しまばら』が百花台公園テニスコートで開催されました。

結果は下記のとおり。(データ提供:森 宏伸さん・島田英彦さん)

 

■1日目(予選:グループリーグ戦)

〇予選ドローはこちら!

(今年もめちゃくちゃハイレベル!)

 

〇午前中のレッスン(試合前)

(まずは準備運動っ!)

(本コーチの【ジュニアコース】)

(内村コーチの【基本みっちりコース】)

(伴コーチの【マジでテニス大好きコース】)

※ クラブハウス イワキリ(宮崎県)のコーチ陣の皆様・・・試合前だというのに超ハードなレッスンをありがとうございますっ!

 

〇予選の様子

(各グループで熾烈な戦いが繰り広げられましたっ!)

(Aグループ 小出さんのイケ面サぁぁぁーブっっ!!!!)

(Bグループ 立花夫妻VS福田夫妻 愛の絆対決っ!!!)

(Cグループ 西村選手のズッコケは芸人並みっ!!!)

(Dグループの片山夫妻っ!)

※ 1日目のグループリーグの結果を基に「2日目・順位トーナメント」のドローが決定っ!でも・・実は、ウィルソンカップはここからが本番なんです!

 

■夜の部(ウェルカムパーティー)

(序盤はロッケンローラー達に圧倒されるも・・・)

(カラオケ大会へ移行すると・・・)

(初対面でも和気あいあい♡)

(昭和58年の同級生3人組で会場を凍らせるも・・・)

(毎年恒例じゃんけん大会で会場の雰囲気は最高潮へっ!)

(じゃんけん大会優勝は佐賀県から参加した 藤本さん♡)

(そして、飲み過ぎてしまう人達・・・)

※ ウィルソンカップは夜の部こそが【メイン】。もうね、今回大会へ参加されなかった方々は・・・杉本くん(親和銀行)みたいに、夜の部だけでも参加すべし!

 

■2日目(本戦:順位トーナメント)

〇開会式

(協賛の(株)アメヤスポーツジャパン(福岡県)矢野さん挨拶)

(協力して頂くクラブハウスイワキリ(宮崎県)の本コーチ挨拶)

(大会へ参加頂いた皆様♪)

 

〇トラックマン登場

(今年のトラックマンも大盛況っ!)

(矢野さんから自分に合ったラケットを丁寧に説明頂けます!)

 

〇1位トーナメント結果

優勝 吉川大助(ピーチボーイズ)・松山奈央ペア(サンリッチ)【左】

準優勝 大木・川崎ペア(北斗七星)【右】

※ 1位トーナメント優勝は地元の「吉川・松山ペア」!こんな強豪メンバーの中で優勝できたのは自信になりますね!準優勝だった佐賀県の「大木・川崎ペア」は、イワキリの最強コーチペアを撃破しての決勝進出っ!あと一歩のところで優勝を逃しただけに、是非とも来年も参戦して下さいね!

 

〇2位トーナメント結果

優勝 飯田・吉塚ペア(リバーサイド)

準優勝 楢木・永田ペア(リバーサイド)※写真なし

※ 2位トーナメント優勝は福岡県の「久留米」から参戦頂いた「飯田・吉塚ペア」。2位トーナメントといっても今大会は超ハイレベル!何がハイレベルかって、テニスはもちろん、それよりも更に、「2位トーナメントの女性陣の美貌」が皆さんアイドル級っ!ほらっ!ドローを見ると・・県内でも美貌で有名な方達が勢ぞろいでしょ♡ そんな・・・『空前絶後のォォオっ!超絶怒涛にハイレベルぅぅぅっ!その2位トーナメントの優勝はァァっ・・・飯田・吉塚ペアっ!イェェェエエエーーーーーイッ!!ジャぁぁぁースっティスっ!!!』・・・おめでとうございますっ!

 

〇3位トーナメント結果

優勝 高木・盛重ペア(フリー)

準優勝 山本達一(ピーチボーイズ)・井上(土日会)

※ 3位トーナメント優勝は所属フリーで参加頂いた「高木・盛重ペア」っ!フリーなだけに、事前情報が皆無でドロー会議では謎的な扱いでしたが・・・その腕は確かなものでしたっ!少し恥ずかしがり屋さんっぽかったのですが、お二人とも笑顔が似合うっ!あぁ・・サンバイザーとサングラスがもったいないなぁ・・・。準優勝の「山本・井上ペア」は3位トーナメントで大躍進っ!日頃から一緒に練習した成果ですね!!

 

〇4位トーナメント結果

優勝 島田英彦・島田優ペア(ピーチボーイズ)※親子ペア

準優勝 立花・立花ペア(50-POND)※夫婦ペア

※ 4位トーナメント決勝は『親子VS夫婦』対決っ!『親子』も『夫婦』も二人で仲良くニコニコプレーしている姿を見て、『そう、これこそがウィルソンカップ☆』であり、運営一同「今年も開催して良かったねっ!」と感じさせられる姿でした。本当に、心からテニスを楽しんで頂き『ありがとうございます!』。

しかぁし!それでも、ここは勝負の世界。パパは『愛する娘』のために、旦那は『愛する妻』のために・・死にもの狂いで戦っていたはずです。いつの時代だって・・・そう・・・

(男は・・・辛いんです。。。)

 

〇お楽しみ抽選会

特賞「博多サンライトホテル檜乃扇ペア宿泊券」 松山奈央さん(サンリッチ)

※ 「1位トーナメント優勝」に「特賞GET」に「新ラケットまで購入」だなんて、最高の2日間だったに違いないっ!お楽しみ抽選会でトイレットペーパーしか当たらなかった私は・・『一緒に福岡行きますかっ!』と声かけしたのに・・・間髪入れずにお断りされましたっ!チキショー!

 

■最後に・・・

(主催・共催・協力者@集合写真)

『第14回ウィルソンカップ in しまばら』も大変盛り上がり、素晴らしい大会となりました!また、遠方からのご参加、本当にありがとうございました!!

そして、毎年協力頂いている、クラブハウスイワキリ(宮崎県)の皆様&協賛頂いている、(株)アメヤスポーツジャパン(福岡県)矢野様、来年の『第15回大会』もよろしくお願い申し上げます。

ピーチボーイズ一同

2017年9月30日 | カテゴリー : 大会結果 | 投稿者 : ホームページ担当者

【中止】台風18号『平成29年度 雲仙市秋季ダブルス大会』は中止です!

(9/16 18時現在の台風18号の状況)

※ 明日(9/17)予定されておりました『平成29年度 雲仙市秋季ダブルス大会』は台風18号接近により中止となった旨、雲仙市テニス協会様より連絡がありました!参戦予定の方はご注意下さい!

※ まぼろしのドローはこちら!(島原市所属分のみ)

※ 【一般男子A】【一般男子B】へ3名参戦っ!第1シード扱いして頂いていたのに・・・残念っ!!

※ 『平成29年度 雲仙市秋季ダブルス大会』は中止となってしまいましたが、別途大会が実施されるとのことですので、今回は残念でも、また楽しみが増えたと思って、明日の台風に備えましょう!!

 

(台風のプチ知識)

※ ちなみに・・・今回の台風18号の名前は【TALIM(タリム)】だそうです。

 

(この方は【タモリ】です。)

島原市テニス協会

 

 

 

2017年9月16日 | カテゴリー : 大会結果 | 投稿者 : ホームページ担当者

【結果】『第41回島原選手権ダブルス大会』の結果について

平成29年8月20日(日)

『第41回島原選手権ダブルス大会』が島原市営総合運動公園テニスコートで開催されました。

結果については下記のとおり。(運営:島原TC/結果データ作成:牧野静男さん)

 

【一般男子A】

優勝 杉本博昭・吉川大助(ピーチボーイズ)

準優勝 田上・飯田(ソニー)

第3位 中川・中園(サンデー)

※ 【一般男子A】は杉本・吉川ペアが優勝っ!吉川くんは大会6連覇達成っ!と聞こえはいいですが、試合内容は『親和銀行の杉本くん』様々だったようです!決勝リーグでは4-5ダウンの相手マッチポイントまで追い詰められて、死にそうにしてたくせに、コラっ!笑ってるんじゃないっ!杉本くんみたいに、「キュっ」と、心と表情を引き締めて、今後は『試合の中で修正する力』を付けましょう!諫早市・長崎市から参戦して頂いた皆様、また来年の参戦お待ちしておりますっ!

 

【一般男子B】

優勝 髙田昭生・髙田弘崇(島原ドリームTC)

準優勝 西村英也・橋本(島原ドリームTC・フリー)

※ 【一般男子B】の予選は高校生VS一般。まだまだ一般の壁が高いことを全ての試合で証明してくれましたっ!ありがとうございますっ!

決勝リーグは身内同士の戦いでしたが、『髙田親子ペア』が優勝っ!ほんと、親子ペアで優勝・・って憧れちゃいます!また、歳を重ねた今でも仲良い関係で、楽しい時間を一緒に過ごせる・・・(本当にテニスって素晴らしいっ☆)。もぅ、西村さんペアは、この「親子の絆」に負けちゃったのかもしれませんね!そりゃぁ、しょうがないっ!

 

【一般女子A】

優勝 只安・本田(アリスト・CHOCOVIC)

準優勝 平山・安藤(プリンス・アリスト)

※ 【一般女子A】は、この大会でも一番レベルの高い戦いだったのではないでしょうか!皆さん遠方から参加頂いているのですが、「県内の一般ではトップレベル」の選手ばかり!そんな選手の試合を『島原市』で観戦できるなんて、本当に感謝感激雨嵐っ!ウィルソンカップへの参戦もお待ちしてますっ!!

 

【壮年45歳以上】

優勝 森 宏伸・島田英彦(ピーチボーイズ)

※ 【壮年45歳以上】は島原市内の「45歳以上のトップレベル」で県民体育祭の代表権を争う仁義なき戦いっ!見事、副会長・事務局長のゴールデンコンビが優勝っ!

島原高校の外部指導者もされているお二人っ!見たか!島高生っ!!あなた達を指導されてる方々は、超絶上手な方々なんだぞ!しっかり信頼して付いていけば、こりゃぁ、間違いないっ!そして、いつの日かコーチ超え、期待してますっ!!

 

【壮年65歳以上】

優勝 板倉英夫・城田忠信(島原テニスクラブ)

※ 【壮年65歳以上】も8ゲームマッチを戦い抜き、板倉・城田ペアが見事優勝っ!!『健康が一番よ!』とおっしゃられますが、それでも『勝った方が楽しい』のは事実。

いくつになっても、『健康が一番』でいられるよう、テニスを通じて、今後も体力づくりに励んで下さいっ!皆さんは、一般プレイヤーの『お手本』なんですょ!

※ 参加者皆様のお陰をもちまして、「第41回島原選手権ダブルス大会」も終了することができました。ありがとうございます!運営担当の『島原TC』の皆さん、大変お疲れ様でした!

※ 今大会は、島原TCさんの配慮により、『せっかくだから、たくさんの試合を経験させたい』と、一般Aは参加者全てが4試合消化。他クラスは8ゲームマッチを全て消化っ!途中『8ゲームはきつい・・・』という声も頂いたのですが、そんな声には遠慮せずに『頑張って下さい!!』と声をかけられてました!ほんと、それでいいと思います。最大限の配慮をし、遠慮はせずに物事を伝える。諸先輩方の運営される姿勢に、テニス愛が感じられましたょ!

(H29.8.13 アンディーオープン@安藤くん送別会 GAO主催)

【おまけ】

霊丘TC所属の『安藤武実くん』が、9月1日付で「北九州」へ異動となりました!従前より営業管轄が『島原市』とのことでしたので、島原市主催の大会には本当に良く参加して頂き、島原市のテニスレベルの向上には欠かせない存在となっていました!

異動は寂しいですが、持ち前の『変人パワー』・・いや、、、『ポジティブ精神』で北九州でもアンディ旋風を巻き起こして下さい!御栄転おめでとうございます!

島原市テニス協会

2017年8月23日 | カテゴリー : 大会結果 | 投稿者 : ホームページ担当者

【結果】『第91回雲仙国際テニストーナメント』の結果について

※ 今大会は【長崎県テニス協会】主催のため、各入賞者の写真掲載は島原市テニス協会所属の方のみです。ご了承下さい。

平成29年8月5日(土)~8日(火)

『第91回雲仙国際テニストーナメント』が雲仙市 長崎県営雲仙公園テニスコートで開催されました。

島原市テニス協会員の結果については下記のとおり。(結果データ参照:長崎県テニス協会HP)

 

【一般(ミックスダブルス)】

優勝 吉川大助・竹島加奈(ピーチボーイズ・アリスト)

※ 吉川くんと長崎市の竹島さんペアが見事優勝っ!強豪2ペアに苦戦しつつも栄冠をGET!!ミックスは『勝てば女性のお陰。負ければ男性の責任。』が鉄則です。だから試合中に『ごめんなさい。許して下さい。』を連発してたのですね・・・。家庭では妻にも『ごめんなさい。許して下さい。』を連発してるのですから、もう謝罪は得意分野ですね!

追記:吉川くん!シングルスも、もっと練習しましょう!

 

【男子45歳以上(ダブルス)】

優勝 牧野静男・本多秀幸(島原TC・フリー)

※ 男子45歳以上(ダブルス)では、島原TCの牧野さんが見事優勝っ!ちょっと、牧野さん65歳でしょ!出るクラス間違ってますょ!(笑)。

本多さんも今年度から「東そのぎ」近辺在住ですが、3月までは島原市民っ!「トライアスロン」や「水泳」は県チャンピオンレベルとのことでしたが、「テニス」でもやっとチャンピオンになれたじゃないですかっ!本当におめでとうございますっ!

 

【女子50歳以上(ダブルス)】

 

優勝 髙田法子・随木睦美(島原ドリームTC・三菱電機)

※ 島原の「セリーナ・ウイリアムス」・・・じゃなかった。島原の「マリア・シャラポア♡」こと、法子さんが見事優勝っ!一昨年までは同クラス2連覇中(昨年未エントリー)だっただけに、今大会も優勝候補としてのプレッシャーがあったかと思うのですが、そこで勝ち切れる『勝負強さ』はやはりピカイチですね☆。20年前は一般女子シングルスの長崎県チャンピオンっ!もちろん、雲仙国際(JOP指定有り時代)のシングルスも優勝経験有り。これからも島原市のレジェンドとして、伝説を残して行って下さいねっ!

 

【一般女子(ダブルス)】(おまけ)

優勝 横石香織・安藤真視(島原ドリームTC・アリスト)

※ あれあれ?『榊さん』が『横石さん』だなんて、似合わない苗字に変身して、優勝してましたぞ!でも・・・許しちゃいますっ!

結婚しても、あなたの中身は『島原人』。苗字や外見がどんなに変わっても・・・島原市テニス協会はこれからも応援しちゃいますっ!

(披露宴@香織ちゃん・・・結婚おめでとうっ!!)

※ 『第91回雲仙国際テニストーナメント』では島原市テニス協会員が大活躍っ!JOP指定の大会だった頃と比較すると・・・参加者がだんだんと少なくなっている印象があり、レベルも若干低下ぎみ・・・しょうがない部分もあるのですが、その辺はちょっぴり残念だな・・というのが本音です。。島原半島で開催される大会の中では唯一、優勝者へ「大きい賞状」と「トロフィー」が一緒に贈られる歴史のある大会だけに、県テニス協会主催ではありますが、島原半島のプレイヤーでも可能な限り盛り上げていければな・・・と思います。

9年後には【100回開催】が控えているため・・・残り9年、引き続き平和を願って、一致団結!盛り上げていきましょう!

島原市テニス協会

2017年8月10日 | カテゴリー : 大会結果 | 投稿者 : ホームページ担当者

【結果】『第41回島原選手権シングルス大会』の結果について

平成29年7月23日(日)

『第41回島原選手権シングルス大会』が島原市営総合運動公園テニスコートで開催されました。

結果については下記のとおり。(運営:ピーチボーイズ/結果データ作成:島田英彦さん)

 

【一般男子A】

 

 

優勝(4名/時間切れのため同時優勝取扱い)

・安藤武実(左端/霊丘TC)

・木下貴博(左2番目/ピーチボーイズ)

・杉本博昭(左3番目/ピーチボーイズ)

・吉川大助(右端/ピーチボーイズ)

※ 【一般男子A】は20時まで戦いましたが、時間切れで4名同時優勝っ!しかも・・・島原市テニス協会所属の4名でベスト4を独占っ!ホーム(開催地)で、最高の結果と言えるのではないでしょうか!特に、第2シードの山から勝ち上がった「木下さん」は、44歳ながら、もともと県大会3位の実力者!昨年アキレス腱を断裂(2度目)し、大怪我からのカムバック、本当におめでとうございますっ!

そして…この4名が残ってくれたからこそ、他クラスに遠方から御参加頂いた方の試合を優先して消化することが出来ました。同時優勝4名の皆様、運営への御協力と御配慮、心から感謝申し上げますっ!

 

ベスト8 内田 譲(島原ドリームTC)

※ 余談ですが・・島原市テニス協会としては、島原市テニス協会所属で一般男子の主力選手である『内田くん』の復活にも心躍らせられましたっ!3児の父となり、家庭環境の変化から以前程テニスへの時間が取れない状況とのことですが、久々にシングルスでも上位へ顔を出してくれました!ベスト4を賭けた身内同士の戦いでは力尽きてしまいましたが、年齢的にもまだまだ伸びシロ有り。今後の彼には注目ですぞ!

 

【一般男子B】

優勝(2名/時間切れのため同時優勝取扱い)

・安藤真視(左/アリスト)

・田代隼渡(右/SUMCO)

※ 【一般男子B】も20時まで戦いましたが、時間切れで2名同時優勝っ!しかも・・優勝者は、「女性」と「中学生」!!!「真視タス」は県内でも有名な実力者で、力試しにと「一般男子B」へ参戦し、優勝。「田代くん」は、ノーシドで第1シードを倒しての優勝と、お二人とも物凄いことを成し遂げてます!決勝が実施できなかったことは観客目線からでも残念でしたが、この続きは、また来年っ!参戦お待ちしてます!

 

第3位 原田幸勝(アドバン)

※ 元ピーチボーイズの原田さん、数年前とは見違える程の上達ぶりでした!仕事もテニス並みに頑張って下さいね!

 

第3位 末永武之(西有家TC)

※ 「女性」に優しい末永くん。この調子じゃ、結婚しても「奥さんの尻に敷かれる」未来が見えます。でも、それでいいんです。その方が、家庭は円満に過ごせますよ!

 

【一般女子A】

優勝 本田裕実(右/サンリッチ)

準優勝 山本亜季(左/GAO)

※ 【一般女子A】は美女5名の戦い!ほらっ!優勝・準優勝のお二人の笑顔が素敵ですね!

(補足:撮影した写真3枚のうち、お二人とも素敵な笑顔だったのが、この1枚だけでした。後ろに男性が写り込んでいますが、安心して下さい。山本さんの弟です。)

 

第3位 山下萌々子(50-POND)

※ 凄く可愛いバナナですね!名前が「萌々子ちゃん」だから、次回は「桃」の方がいいかもしれませんね!

 

【一般女子B】

優勝 川端実咲(右/50-POND)

準優勝 大高美緒(左/長与町テニス協会)

※ 【一般女子B】も美女6名の戦い!待ち時間及び進行等で御迷惑をお掛けしたにも関わらず、こんなに素敵な笑顔で戦いを終えて頂けました。心も綺麗な方ばかりで本当に助かりました!おめでとうございますっ!

 

第3位 立花美鈴(50-POND)

※ 「立花さん」にもこんなに素敵な笑顔で戦いを終えて頂けました。心の綺麗さが、写真からも伝わって来ます!来年も参加して下さいね!

 

【壮年45歳以上】

優勝 田代隆典(中央/SUMCO)

準優勝 瀬戸口裕治(左/リラクマ)

第3位 井ノ上隆昭(右/長与町テニス協会)

※ 【壮年45歳以上】は超ハイレベルの激戦。一般男子参戦者も見習うべき技術や振る舞いをたくさん見させて頂けましたっ!優勝された「田代さん」は一般Bを制した息子さんと親子で優勝っ!佐賀県からの参戦ということで、帰宅までの道のりが心配されましたが、親子優勝なら帰り道の車内はルンルン♪だったハズ!来年の参戦もお待ちしておりますっ!

 

【壮年60歳以上】

優勝 原田哲也(左/佐世保クラブ)

準優勝 牧野静男(右/島原TC)

※ 2勝同士、事実上の決勝戦のお二人のスコアは・・・6-6タイブレークの10-8。最高気温33.5度の中、お二人とも最高の試合を見せてくれました!

勝ち負けが付く以上、嬉しい・悔しい等の様々な思いがあるとは思いますが、激戦を終えた二人の笑顔はとても印象的で、改めてテニスは紳士のスポーツなんだなぁと感じました!お二人とも試合後にはおいしいお酒が飲めてるといいですねっ!

 

※ 参加者皆様のお陰をもちまして、「第41回島原選手権シングルス大会」も終了することができました。ありがとうございます!

参加者総数78名と、過去最高の参加者数でしたが、オープン開催で遠方から来て頂くのだから、全員が満足して帰れるような試合数を組もうと、入念な準備をしたうえで運営したのですが、最後は「消化不可」で運営側もゲームセット。

島原市テニス協会の未熟な部分を露呈し、御迷惑をおかけいたしました。申し訳ございません。今後の対策として・・・

①試合進行・・コンソレ廃止。予選リーグ後のトーナメント方式の採用(最低2試合は可能/コンソレ待ち時間の省略)

②参加人数により、別途「霊丘公園テニスコート2面」を利用し、2会場8面で進行。

上記①、②等の対策を取り、今後は御迷惑をおかけしないよう、協会一丸となり取り組む予定で御座いますので、引き続き遠方からの御参加、お待ちしておりますっ!

 

※ 「島原選手権シングルス大会」は県内でも珍しい、真夏のシングルス大会です。今大会でも『暑ぅぅぅ・・』『死ぬぅぅぅ・・』等の唸り声が各所から聞こえて来ましたが、運営側としては『死なない程度に、死ぬ気で頑張れ!』と熱い気持ちで皆様を応援しておりましたっ!!!

この苦しい苦しい真夏のシングルス経験こそ、今後1年間のテニスライフの糧となり、物凄ぉく内面(精神面)も強くなれているはずです。

『苦労したから 今があるんだと 思える。』

どうですか?…ほらっ!来年も参加するしかなくなっちゃいましたねっ!

島原市テニス協会

2017年7月28日 | カテゴリー : 大会結果 | 投稿者 : ホームページ担当者

【結果】『第36回5市対抗テニス大会』の結果について

平成29年6月25日(日)

『第36回(平成29年度)5市対抗テニス大会』が諫早市で開催されました。

各市選抜の結果については下記のとおり。(データ作成:島田英彦さん)

(総合結果)

●諫早市(優勝)

 

●大村市(準優勝)

 

●島原市(第3位/こちら

 

●南島原市(第4位)

 

●雲仙市(第5位)

 

※ 島原市テニス協会事務局長の島田英彦さん、データ作成ご苦労様でした!お陰で・・・参加者や他協会の方にも結果が確認できるように更新できました!ありがとうございますっ!!

(5市対抗戦@閉会式)

※ 参加された『5市』の皆さん、大変お疲れ様でした。県央・島原半島地区でこのような大会が開催できるのも、5市が協力し合える仲だからこそです。県民体育祭では、長崎市・佐世保市の2強に対抗できるよう、もっと練習して、いつの日か、決勝戦が『島原市』VS『他4市』となるよう、まずは、島原市が死にもの狂いで頑張ります!

島原市テニス協会

(福岡県豪雨災害:朝倉市古賀地区)

※ 2017.7.14 23時現在の報道によりますと、今回の豪雨災害により30名の死者、そして、まだ多数の行方不明者が出ています。

7.8~7.11の4日間、現地で緊急援助隊として救助活動を行いましたが、報道されている以上に被害は深刻でした。私自身は行方不明者を見つけてあげることができませんでしたが、今も交代隊による懸命な救助活動が行われています。どうか、一人でも多くの命が助かってほしい。皆様も引き続き、被災者の支援をお願い申し上げます。

 

2017年7月14日 | カテゴリー : 大会結果 | 投稿者 : ホームページ担当者

【結果】『第36回5市対抗テニス大会』の島原市選抜の結果について

平成29年6月25日(日)

『第36回(平成29年度)5市対抗テニス大会』が諫早市で開催されました。

島原市選抜の結果については下記のとおり。(データ作成:島田英彦さん)

(2017 島原市選抜メンバー表)

〇第1戦(諫早市)

 

〇第2戦(南島原市)

 

〇第3戦(大村市)

 

〇第4戦(雲仙市)

 

〇総合結果

※ 全ての試合結果は、後日作成し、HPへUP又は各市協会へ送付される予定です。

(2017 島原市選抜チーム 集合写真)

※ 梅雨なのに、今年一番の暑さ+湿度激高の中で行われた今大会。

熱中症ぎみになったり、太陽が眩しくてサーブが打てなくなったり、足を攣ったり、6ゲーム目でモモを肉離れしたり・・・と、様々なトラブルに見舞われ、3年連続の3位という結果で幕を閉じましたが、運営やチームワークは歴代最高だった・・・ハズ。。。と、勝手に喜んでおります。

島原市はテニス競技者の世代交代が進んでいないため、今年も無理を承知で各家庭の「パパさん・ママさん」達に参加依頼をしているのが現状ではありますが、参加者皆様に最大級の御協力を頂き、本当に感謝しております。

来年は「念願の統一ユニホーム支給」(今までは自己負担)が予定されているため、代表選考は熾烈を極めることになるハズです。ここからの1年間の頑張り次第で、テニスレベルは飛躍的な向上が可能です!今回選抜されなかった皆さん!来年こそ推薦されるよう頑張りましょう!

島原市テニス協会

(福岡、大分両県を襲った記録的な豪雨)

※ 2017.7.8 2時現在の報道によりますと、今回の豪雨災害により15名の死者、そして、まだ多数の行方不明者が出ている模様です。

島原市は26年前に「雲仙普賢岳の大火砕流」という災害が発生し、その際は、全国各地から多くの温かい御支援を頂いております。このブログを見られている、島原市の皆さん、あの時の想いを胸に、どんな形でも良いと思います。被害に遭われている方々を支援していきましょう。

筆者は、本日夕方から現地で緊急援助隊として救助活動に参加します。一人でも多くの方の「体と心」を救えるよう、努めて参ります。

 

2017年7月8日 | カテゴリー : 大会結果 | 投稿者 : ホームページ担当者

【結果】『平成29年度 雲仙市シングルス大会』の結果について

※ 主催は雲仙市テニス協会のため、写真は島原市テニス協会所属の方しか撮影が御座いません。ご了承下さい。

平成29年6月11日(日)

『平成29年度 雲仙市シングルス大会』が雲仙市瑞穂町 総合運動公園テニスコートで開催されました。

島原市テニス協会所属の方の結果については下記のとおり。

 

【一般男子A】

優勝 杉本博昭(ピーチボーイズ)

準優勝 安藤武実(アリスト/霊丘TC)

※ 杉本くんが貫録の優勝っ!「島原市内」で練習しているところ・・・まったく見ないので、本人に直接聞いてみたところ、「ほとんど練習してません!」とのこと。くぅーっ!何て嫌味なっ!スコア的にも練習しないと厳しい戦いになることが、これで分かったはず!「5市対抗戦に向けて、体力つけんば!」とやる気も出てきてくれたみたいなので、島原市民でいる間は、練習にも担ぎ出して、島原市代表としてフル活動して頂きましょう!

※ 安藤くんは西彼地区在住で所属はアリスト(長崎市)ながら、会社では島原地区の担当であるため、今年度から『霊丘TC』にも所属し、島原市テニス協会員としても活動します!とのこと!一般Aを島原市関係で独占できたのは喜ばしいことですが、原住民の皆さん・・・この二人を養分にして、私達も成長しましょう!

 

【一般男子B】

※ 今回がデビュー戦だった【高原さん】。今はぼんやりとした写真しかありません。今日のデビューをきっかけに、もっと練習して、【賞状片手に撮影される】ことを目標に頑張って行きましょう!必ず誰かが期待している。少なくとも私は期待しています!

※ 【一般男子C】【一般女子】は島原市からの参加なしのため、省略します。

※ 主催及び運営された雲仙市テニス協会の皆さん、大変お世話になりましたっ!結果データの提供、過去最速の速さで、当日更新できました!ありがとうございます!

(筆者は、本日、Facebookのアカウントが詐欺師に乗っ取られました。。そして、試合も負けました。何て日だ!)

島原市テニス協会

2017年6月11日 | カテゴリー : 大会結果 | 投稿者 : ホームページ担当者

【結果】平成29年度高総体『テニス競技』島原市内高校の結果について

平成29年6月3日(土)~6日(火)の4日間

『平成29年度長崎県高等学校総合体育大会(テニス競技)』が佐世保市で開催されました。島原市内の「島原高校」「島原商業高校」「島原農業高校」「島原中央高校」の結果については、下記のとおり。(写真提供:森 宏伸さん)

 

【団体戦】

(島原新聞より抜粋)

ベスト8 島原農業高校

 

【個人戦】

シングルス ベスト32 苑田拓真(島原)

ダブルス ベスト16 苑田・菅藤(島原)

 

【結果データ】 こちら(長崎県高等学校体育連盟より)

※ 島原市内高校生の皆さん、高校総体を終えて、3年間の部活動はどうでしたか。個人の目標が達成できた人、残念な結果で終わってしまった人、気持ちは人それぞれかとは思いますが、これで一先ず「区切り」となります。

スポーツである以上、結果が良い方がいいのは当然なのですが、3年間の部活動は「結果が全て」ではありません。

 

部活をとおして、『仲間ができた。』

部活をとおして、『先輩後輩ができた。』

部活をとおして、『礼儀を学んだ。』

部活をとおして、『社会のマナーを学んだ。』

部活をとおして、『心が育った。』

 

厳しい練習を一緒に乗り越え、喜びや悔しさを共有し、助け合ってきた仲間は、部活で得られる一番の宝物であり、大人になってもずっと友達でいれるはずです。

基本的な挨拶、先輩後輩関係における礼儀、顧問の先生やコーチからの指導は、自分自身が社会に出た時、体に染みついた立ち振る舞いとして必ず自分を輝かせるはずです。

そして、辛くて苦しい3年間の頑張りは、ちょっとやそっとでは折れない強い心を養えているはずです。

 

皆さんには、3年間指導してくださった顧問の先生や外部コーチ、そして家族に対して感謝の気持ちを忘れず、卒業しても「テニス」を続けてほしいと思います。

 

きっと、「テニスを続けること」が、いつの日か、支えてくれた人達への恩返しになるはずです。

島原市テニス協会

【結果】『第34回島原半島テニストーナメントダブルス大会』の結果について

※ 今年度の主催は雲仙市テニス協会のため、各入賞者の写真掲載は一部を除いて御座いません。ご了承下さい。

平成29年5月28日(日)

『第34回島原半島テニストーナメントダブルス大会』が雲仙市国見町 遊学の館テニスコートで開催されました。

結果については下記のとおり。(写真提供:深堀 範さん)

 

【一般男子A】

準優勝 吉川大助・江川栄一ペア(ピーチボーイズ・島原ドリームTC)

※ 1位グループ最終戦は決勝戦扱い!VS野原・橋本ペア(有家TC)にタイブレークの13-11で敗戦。・・・ちょっと待った・・・野原くんは20代として・・・橋本さんは・・・。。。同じコートで対戦する以上、年齢なんてまったく関係ないのですが、橋本さんが一般Aで勝ち抜く姿は本当にカッコ良い!!筆者はもちろん、島原半島のテニスプレイヤーの目標として、いつまでも『強い橋本さん』でいて下さいねっ!さぁ!次こそは皆で「橋本さん」を倒しましょう!

※ 橋本さんは島原市出身です。

 

【一般男子B】

第3位 深堀 範・田中ペア(島原ドリームTC・波佐見)

※ 今回の【一般男子B】は超ハイレベル!そんな中、台風の目となったのは、島原ドリームTCの深堀さん!予選でシード格の雲仙市NO.1を倒し・・・決勝トーナメントでも優勝ペアと大激戦。それでいて、職業は何とお医者さん。まだ独身とのことですので・・・島原の独身女性の皆さん!是非とも病気して、検査してもらっちゃいましょう!深堀さんと出会うにはそれが一番ですぞ!

 

【一般女子A】

※ 島原半島NO.1の称号は本田・松山ペア(サンリッチ)が2連覇っ!島原半島勢はたぶん仲間です!来年も優勝狙って頑張るのですぞ!

 

【一般女子B】

※ Bパートが大激戦!島原勢同士の潰し合いもあって、中々応援できませんでしたが、どこが抜けてもおかしくない状況で、あと1本が今回は足りなかったのかもしれません。その1本のために・・・また練習しましょう!

 

【壮年55歳以上】

※ 壮年55歳以上も超ハイレベル。でも・・・だからこそ、面白いんですよね。みんな勝ちたいけれども、優勝できるのは1ペアのみ!実力はほとんど変わりません!あとは・・・気持ちと、1+1を2以上にできるかどうか。いくつになっても、テニスは上手になれます!また、楽しく頑張りましょう!

(島原半島では熱い試合ができます!)

※ 今年度運営の雲仙市テニス協会の皆さん、大変お世話になりましたっ!臨機応変な試合進行にはいつも脱帽もので御座います。

(大会スケジュールは こちら

※ 今大会は半島3市からも多数の参加があり、そこに半島外からの挑戦もあって、大変盛り上がりのある良い大会となりました!引き続き、島原半島ではたくさんの大会が開催されていますので、要チェックですよ!

島原市テニス協会

2017年6月3日 | カテゴリー : 大会結果 | 投稿者 : ホームページ担当者